2018《フォア賞》 クリンチャー 武豊 【海外競馬】NEWスタイル競馬tv

SekkyChannel /セッキーちゃんねる
スポンサーリンク
2018《フォア賞》 クリンチャー 武豊 【海外競馬】franceロンシャン NEWスタイル競馬tv

予想
断トツ1人気単勝1倍台ヴァルトガイスト
出走馬唯一のG1馬でオブライエン厩舎 鉄板◎
⑥クリンチャーは、日本ではG2レベルの馬でG1未勝利馬が通用するはずも無いので4着位だろう

結果−−−−−−−−−−
馬番 馬名 性 齢 重量 騎手 タイム
着差 調教師
1 ③1人気ヴァルトガイスト 牡 4 58 P.ブドー A.ファーブル
2 ⑤2人気 タリスマニック 牡 5 58 M.バルザローナ A.ファーブル
3 ④3人気 クロスオブスターズ 牡 5 58 V.シュミノー A.ファーブル
4 ② ウェイトゥパリス 牡 5 58 C.デムーロ A.マルチアリス
5 ①カプリ 牡 4 58 W.ローダン A.オブライエン
6 ⑥クリンチャー 牡 4 58 武豊 宮本博

【短評】
レースはクリンチャー武豊が逃げる形。クリンチャーはいつも通り先行したが日本と違いヨーロッパ競馬は逃げは禁止脚質でありヨーロッパの厩舎から騎手に出される指示はインの3〜4番手で脚をためろ、の一転張り。ヨーロッパ馬が定説通り控えたため押し出される形でハナへ。クリンチャーは瞬発力ゼロの馬なので願ってもないチャンスに恵まれた。
1000m通過1分4秒、洋芝の馬場差を考えてもグッドコンディション(洋芝タフネスの良馬場)で日本に換算して1分1秒、スローペース
多頭数ならチャンスはあったが6頭立てのスローペースでは瞬発力勝負になるのは避けられず、直線でキレ負けし最下位に沈んだ。
瞬発力勝負になり不運だったが実力が足りないのは明白であり当然の結果。
優勝は実績通り③ヴァルトガイストが余力残しで楽勝。凱旋門賞に繋がるかといえば厳しいが、オブライエン厩舎なのでアナドレナイ。

コメント

ギャンブル・投資動画リンク